現地報道

10.08.31 アスワート・アル・イラク通信

【イラク・ヨルダン経済関係】 ヨルダン貿易産業相のクルド地域訪問

8月31日付当地アスワート・アル・イラク通信(インターネット英語版)の報道振り。

  1. 要旨

    ●8月31日,エルビル訪問中のハディーディー・ヨルダン貿易産業相は,クルド地域政府(KRG)のバルザーニー大統領及びサーレハ首相とそれぞれ会談し,貿易及び経済分野において関係を活発化させる方策を協議した。

    ●記者会見において,「ハ」貿易産業相はヨルダン人ビジネスマンに対し,クルド地域には何件かの投資機会があるとして,同地域に来て投資するよう慫慂した。
  2. 2 記事本文
    Jordanian trade minister discusses boosting economic ties with Kurdistan region
    August 31, 2010 - 02:56:04
    ARBIL / Aswat al-Iraq: Jordanian Trade and Industry Minister Aamer al-Hadidi discussed on Tuesday with President of Iraq's Kurdistan region, Massoud Barzani, ways of boosting bilateral relations between his country and the region.

    詳細は以下参照。
    http://en.aswataliraq.info/?p=136363

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.31 アスワート・アル・イラク通信

【経済・港湾】 8月のバスラ県内の港の利用状況

8月31日付アスワート・アル・イラク通信(インターネット英語版)の報道振り。

  1.  要旨

    ●8月,合計51艘の商用船がバスラ県内の港に到着した。そのうち17艘はウンム・カスル港,22艘はアブ・ファールー港,12艘がコール・アル・ズベイル港である。
  2. 記事
    Basra ports receive 51 ships in August
    August 31, 2010 - 01:14:58
    BASRA / Aswat al-Iraq: A total of 51 commercial ships have arrived in Iraqi ports in Basra province this month, the public relations and media director at the State Company for Iraqi Ports said on Tuesday.

    詳細は以下参照
    http://en.aswataliraq.info/?p=136355

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.31 現地アッザマン紙

【経済・工業】 マス・グローバル社によるクルド地域での製鋼所建設事業

8月31日付アッザマン紙報道振り。

  1. 要旨

    ●マス・グローバル社(当館注:イラクの民間投資企業であり,クルド地域にてIPP事業やセメント工場を運営)会長は,伊ダニエリ社と,4億ドル規模の製鋼所建設事業下の機器購入契約を締結した旨発表した。

    ●製鋼所はキルクークとスレイマニア間の地域に建設され,年間百万トン以上の鉄製品を生産する予定である。

    ●事業はF/S終了後3ヶ月以内に開始され,22ヶ月を要する見込みである。
  2. 英文サマリー

    - Mass Global Investment Company executes the biggest iron and steel project in Iraq
    The Chairman of the Board of Directors of the Mass Global Investment Company Ahmed I. Saleh said that the Company recently signed a contract with the Italian Danieli Co. SPA which is one of the biggest companies specialized in iron and steel manufacture to supply Mass Global with main equipments for executing the biggest project for iron and steel in the country at a cost of about $ 400 million. He said that the production capacity of steel will reach more than 1 million ton/year. The project will be implemented in the area between Kirkuk and Sulaimaniya to the north of Iraq. The work starts within 3 months after the feasibility study is completed, and is expected to finish in 22 months after the work starts.
    It is worth mentioning that the Company established cement plants in Kurdistan region at about 4 million ton/year. (Azzaman, P5

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.30 AFP電及びサバーハ紙

【内政】 バイデン米副大統領の当地への電撃訪問

30日付当地発AFP電及び31日付当地サバーハ紙は,バイデン米副大統領の当地訪問につき報じているところ,とりまとめて以下のとおり。

  1. 30日付当地AFP電

    当地米大によれば,「バ」副大統領は,7年間に亘る当地での米軍の戦闘任務の公式な終了にあたり,30日夕刻,バグダッドに到着した。三日間滞在の予定。
  2. 31日付当地サバーハ紙

    (1)昨30日,バグダッドを訪問した「バ」副大統領は,31日,イラクの政治指導者達と新政権樹立に係る議論を行うとともに,米国政府の長期的な対イラク支援に対するコミットメントを伝達する予定である。

    (2)オサーマ・アル・ヌジャイフィー議員(イラーキーヤ)は,声明において,「バ」副大統領の訪問は,米軍戦闘部隊のイラクからの撤退というより新政権樹立のために行われるものであると述べた。

    (3)マシュリク・ナージー議員(アフラール・ブロック(サドル派))は,記者会見において,今次「バ」副大統領訪問の意図は,国民的政治ブロックの排除を慫慂し,外国のアジェンダを押しつけることにあると述べた。また,同議員は,「バ」副大統領は,「失敗した計画の持ち主」であり,仮に,近い将来新政権樹立が達成されるという希望の光があったとしても,「バ」副大統領の訪問により新政権樹立は遅れ,同希望は消え去るであろうと述べた。

    (4)マフムード・オスマーン議員(クルド同盟)は,「バ」副大統領の訪問は,イラーキーヤとSLAの再度の歩み寄り(の促進)のためであると述べた。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.30 現地アスワート・アル・イラク通信

【イラク・UAE経済関係】 カルバラー県におけるUAE企業の進出

8月30日付当地アスワート・アル・イラク通信(インターネット英語版)の報道振り。

  1. 要旨

    ●30日,カルバラー県評議会議長は,UAE企業が同県において住居・商業用コンパウンドを建設することに合意した旨述べた。

    ●同企業は,大型ショッピングモール及び住居用コンパウンドという2つの事業を実施する予定。
  2. 記事本文

    UAE company to implement residential project in Karbala
    August 30, 2010 - 03:41:19
    KARBALA / Aswat al-Iraq: A UAE company has agreed to establish a residential and commercial compound in Karbala, chairman of the Karbala council said on Monday.
    "A delegation of a UAE company has wrapped up its several-day visit to Karbala, during which it expressed readiness to implement tourist and hotel projects in the province, like what the same company did in a number of Arab countries," Mohammad Hamid al-Moussawi told Aswat al-Iraq news agency.
    "The company will implement two projects; the first is a big mall, while the other is a residential compound," he added.
    Karbala is 110 km southwest of Baghdad.

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.30 現地サバーハ紙

【経済・金融】 国外送金に関する規制緩和

8月30日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●今般,イラク中央銀行は,商業者及び投資家が国外への10万ドル以上の送金を行うに当たり,長時間を要し得る書類の提出及び処理を免除することを決定した。今後は,商業IDによって法律で義務づけられた承認を受けさえすれば良いことになる。

    ●中央銀行顧問は,本件決定が国内における商業・経済上の動きやすさを高め,商業活動を拡大させる誘因になるものと考えている。
  2. 英文サマリー

    - CBI exempts merchants from submission of documents for money transfer
    The CBI's Advisor Mudhir M. Saleh said in a statement to Al-Sabah Newspaper that the Bank decided recently to exempt merchants and investors who desire to transfer sums of money worth $ 100,000 and above outside the country, from submitting documents and performing transactions for that purpose that may take a long time. They should only get the legal approval by means of the commercial IDs.
    He said that this would achieve the free economy concepts and give a chance for merchants to transfer money. He considers the CBI step as encouraging for the commercial and economic mobility in the country, and for attracting merchants to perform expanded activities. (Al-Sabah, P1).

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.30 現地サバーハ紙

【石油事情】 独RWE社とクルド地域政府の合意に対する石油省公式見解

8月30日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●29日,石油省は,ナブコ・パイプラインを通じて天然ガスを輸送する可能性を含む,独RWE社とクルド地域政府(KRG)が署名した合意が違法とみなされるとの公式見解を明らかにした。
  2. 英文サマリー

    - Ministry of Oil: Kurdistan contraction with German RWA is illegal.
     Ministry of Oil said in the official statement yesterday (29 August) that the agreements signed by the German Company RWA with Kurdistan Regional Government(KRG), including the possibility of transporting future gas supplies through Nabucco Pipeline project, was considered illegal.
    Ministry Spokesmen Aasim Jihad in a press statement quoted by Reuter's news agency said that "the Federal Oil Ministry through the State Organization for Marketing Oil, SOMO is exclusively the only side in Iraq responsible for exporting crude oil, gas and their products". The statement added that any contracts or agreements that did not match with the official framework were considered void and illegal. (Al-Sabah, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.30 現地マシュリク紙

【内政】 最近のイラーキーヤ内部の対立

30日付当地マシュリク紙は,最近のイラーキーヤ内部の対立につき報じているところ,概要以下のとおり。

  1. ヨルダンにおけるイラーキーヤに近い筋によると,アンマンで開催されたイラーキーヤの会合において,「ア」元首相(イラーキーヤ代表)に対して,独断で諸処の決定を行っているとの激しい非難を中心とした,激しい言い争いが行われた由である。(28日付当地サバーハ紙及び当地アダーラ紙によると,イラーキーヤは26日,このような会合をアンマンで行っている)。
  2. 「ム」代表は,イーサーウィー副首相やオサーマ・アル・ヌジャイフィー議員等も参加した同会合において,(「ム」代表の表現を借りれば),当初交わされた合意では,イラーキーヤは集団指導体制であるにもかかわらず,「ア」元首相が,自分がイラーキーヤの代表であるかのように声明を出しているとして,「ア」元首相を非難した。
  3. 一方で,「ア」元首相は,「ム」代表を,次期政権においてポストを取得すべく,シリアやレバノンにおいて,マーリキー首相の代理人と秘密裡に連絡を取り合っているとして非難した。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.28 現地マシュリク紙

【石油事情】 独RWE社とクルド地域政府の合意等

8月28日付当地マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●27日,独RWE社はクルド地域政府(KRG)との間で,ナブコ・パイプラインを通じてトルコ及び欧州に天然ガスを輸出する方法につき議論するとともに,天然ガスを輸送・輸出するためのインフラの開発・設計を含む合意に署名した。

    ●同社は,本プロジェクトの収益がイラク全体に裨益し,復興プロジェクトに必要な支援を提供するものである旨強調した。
  2. 英文サマリー

    - KRG prepares to transmit gas to Europe via Nabucco
    The German RWE Company for energy and gas services announced yesterday (August 27) that it signed an agreement with the Kurdistan Regional Government (KRG) including developing and designing the infrastructure of the gas transmission and export, as well as discussing the gas export methods from the region to Turkey and Europe through Nabucco Pipeline.
    The Company confirmed that the revenue of the project would be available for all Iraq, and would provide the support required for the reconstruction projects
    in Kurdistan and in Iraq as a whole. A statement issued by the company mentioned that its Executive Manager Stephan Yodish said after the meeting with the Kurdish Minister of Oil Ashti Hawrami, that he was delighted to discuss with the Minister the ways that would allow the company to utilize the various aspects of this agreement to bring benefit for all sides.(Al-Mashriq, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.28 現地アスワート・アル・イラク通信

【経済・投資】 ニナワ県における10億ドル以上の投資許可付与

8月28日付当地アスワート・アル・イラク通信(インターネット英語版)の報道振り。

  1. 要旨

    ●ニナワ県投資委員会は,総額10億ドル以上を投資するための28件の投資許可を付与した。

    ●同許可は,農業,工業,観光,保健及び教育の各分野で投資を行うため,現地のビジネスマンに付与された。

    ●スペイン,中国,ポーランド,カナダ,南ア,フランス,英国,オランダ及びトルコの企業がニナワ県における投資に関心を示している。
  2. 記事
    28 investment permissions in Ninawa for $1b
    NINEWA / Aswat al-Iraq: The Ninewa Investment Commission has granted 28 investment permissions to invest more than $1 billion in the province.
    “ The permissions were granted to local businessmen to invest in the fields of agriculture, industry, tourism, health and education,” a source from the commission told Aswat al-Iraq news agency.
    He explained that international firms from Spain, China, Poland, Canada, South Africa, France, Britain, Holland, and Turkey are interested in investing in Ninewa.
    “ Foreign investors are sensitive to security problems,” the source added.
    Mosul, the capital city of Ninewa province, lies 405 km north of Baghdad.
    MH (P)/SR

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.28 現地サバーハ紙

【復興支援】 原子力分野に関するEUの技術協力

8月28日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 1 要旨

    ●科学技術省は,EUが,かつて原子力計画に直接的・間接的に従事したイラク人専門家を復帰させるための研修を実施する旨明らかにした。29日,バグダッドにおいて,同省はEUとの間で相互協力に関する覚書に署名する。

    ●在イラクEU代表部と伊インスブリア国際セキュリティセンターとの間で,イラク人スタッフに対して損傷を受けた原子力関連施設の解体,同解体の結果生じた放射能廃棄物の取扱いに関する研修を行うための契約が締結される。
  2. 英文サマリー

    - Iraq signs a cooperation memorandum with the European Union on nuclear experts rehabilitation
    The Ministry of Sciences and Technology announced that the EU would hold a course to rehabilitate the Iraqi experts who had worked directly or indirectly in the former nuclear program, within the support program for Iraq. A source in the Ministry said that it would sign a mutual cooperation memorandum with the EU tomorrow Sunday (August 29, 2010) in Baghdad.
    He added that within the actual execution of this memorandum, a contract would be concluded between the Representative of the EU in Baghdad and the Representative of the Italian“ Insubria” Centre for International Security to train the Iraqi staff in the fields of dissolving the damaged nuclear installations of the former nuclear program, and treating the radioactive waste that results from the dissolving process.
    Source indicated that the signing ceremony would be sponsored by the Minister of Sciences and Technology Ra'id J. Fehmi and attended by the Deputy Minister for Research and Development Affairs, Head of the Iraqi National Committee for Atomic Energy, as well as other officials and staff of the Ministry. (Al-Sabah, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.26 現地アスワート・アル・イラク通信

【イラク・ロシア経済関係】 ロシア企業代表団のバスラ訪問

8月26日付当地アスワート・アル・イラク通信(インターネット英語版)の報道振り。

  1. 要旨

    ●26日,ロシア企業の代表団がジャッバール・アミーン・バスラ県評議会議長を訪問し,様々な分野におけるバスラ市の投資機会について議論した。

    ●同議長は,インフラを開発しバスラ市における投資プロセスを成功させるためには,同企業の国際的な経験から恩恵を得ることが重要である旨強調した。
  2. 記事

    - Russian companies delegation mull investment opportunities in Basra
    BASRA / Aswat al-Iraq: A delegation of Russian companies discussed on Thursday with Chairman of the Basra Council investment opportunities in the city, a media official of the Basra council said.
    “ A delegation of Russian companies’ representatives held on Thursday (Aug.26) a meeting with Chairman of Basra Council Jabbar Amin, with whom he discussed investment opportunities in the city in various domains,” Hashem Ubeidi told Aswat al-Iraq news agency.
    “ The Iraqi official highlighted the importance to benefit from the international experiences of these companies to develop infrastructures and to render the investment process in the city a success," he added.

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.25 現地サバーハ紙

【石油事情】 7月の石油輸出量等

8月25日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●7月の石油輸出量は5,630万バレル(40億900万ドル相当)であり,前月の5,470万バレル(38億8,900万ドル相当)から増加した。

    ●バスラからの輸出量は4,440万バレルに達し,その総収入は31億3,700万ドル相当であった。

    ●平均的な油価は1バレル当たり71ドル21セントであり,国外の企業28社が購入した。
  2. 英文サマリー

    - Ministry of Oil announces increase in the crude income in July
    Spokesmen of Ministry of Oil Aasim Jihad said in the statement yesterday (24 August) that oil export in July 2010 was 56 million and 300 thousand barrels worth 4 billion and 9 million dollars, in comparison with 54 million and 700 thousand barrels worth 3 billion and 889 million dollars in June 2010.
    He added that the quantities exported from Basra reached 44 million and 400 thousand barrels and the total revenues were 3 billion and 137 million dollars. He noted that the average price per barrel is 71 dollars and 21 cents. He added that total international companies that bought Iraqi oil were 28 companies.
     Ministry of Interior confirmed that the information boosted security measures to protect oil installations that Al Qaeda plans to target the infrastructure of the oil sector. Director General of Oil Police Hamid Ibrahim said in a statement to Reuters News Agency that Prime Minister Nouri Al- Maliki transferred warnings to the security officials and ordered to intensify the security measures around the oil infrastructures. (Al-Sabah, P3)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.25 現地サバーハ紙

【経済・金融】 金融緩和策の決定

8月25日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●イラク中央銀行は,民間銀行による融資を促進するため,9月1日から民間銀行の預金支払準備率を20%から15%に引き下げることを決めた。
  2. 英文サマリー

    - CBI reduces the reserves of the commercial banks to facilitate lending
    The Chief Advisor to the CBI Mudhar Qassim said in an email to Reuters News that the Bank decided to reduce the obligatory reserves of the commercial banks from 20 % to 15 % to encourage lending starting from the first of September. (Al-Sabah, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.24 現地サバーハ紙

【経済・自動車】 イラク自動車産業公社による自動車生産

8月24日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●産業鉱物省傘下の自動車産業公社は,中国ジーリー自動車との間で,イラクにおいて年間1〜2万台の乗用車の組立・生産を行うための技術協力に関する契約に署名した。

    ●同公社は,700万〜1,000万ID(イラク・ディナール)の価格帯でジーリー自動車及びチェリー自動車の5車種の組立・生産を行う意向。作業が10月中旬に開始され,一月目で500台,二月目で750台,三月目で1,000台を生産することが期待されている。
  2. 英文サマリー

    - State Company of Automotives Industry of signs a contract with Chinese Geely Company
    The Director General of the State Company of Automotives Industry of the Ministry of Industry and Minerals Adnan A. Razin said in a press statement that the Company signed a contract of technical cooperation with the Chinese Geely Company to assemble and produce 10-20 thousand cars per year in Iraq.
    “ The Company intends to assemble and produce five types of Geely and Chery cars of different sizes and of prices between 7-10 million ID” , he added. He said that the equipment would be delivered by the contracted company, and experts would be sent to supervise the work. He pointed out that the work would start in the middle of October this year. It is expected that the production rate will be 500 cars at the first month, 750 cars at the second, and 1,000 at the third. (Al-Sabah, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.24 現地各紙

【内政】 新政権樹立に向けた各派の動向

24日付当地各紙は新政権樹立に向けた各派の動向を報じているところ,要旨とりまとめて以下のとおり。

  1. マーリキー首相とアンマール・ハキームISCI党首の会談(24日付サバーハ紙他)

    (1)ISCIの声明によると,22日,「マ」首相は,「ア」党首を主賓とし,ISCI所属議員を招待してイフタール(断食明けの晩餐会)を開催した。その際,両者は(イラクが直面する)共通の関心要項につき協議した。「ア」党首は,関係者間の会談が各派の歩み寄りを促すと述べた。他方,「マ」首相は,「ア」党首やISCI議員との会談を多とし,新たな段階の責任と義務に向き合うためのより強固な関係とよりよい未来を希望すると述べた。

    (2)アドナーン・アル・サッラージュ議員(SLA所属)は,両者は,NA内からの首相候補選出に向けて歩み寄りを見せ,この合意は「マ」首相の次期首相立候補に対する留保を撤廃することにつながると述べた。

    (3)バーセム・アル・アワーディ顧問(ISCI所属)は,今回の会談は単にイフタールを共にしただけのものであり,政治的進展は無かった旨述べた。
  2. SLAとINAの最新の交渉状況(24日付アダーラ紙)

    (1)INA筋によれば,INAは他の政治各派とNAの機構に関する重要な会合を今後2日以内に開催することを決定した。同会合には大部分のINA所属議員が参加し,次期首相候補選定につき協議する。

    (2)複数の情報筋によれば,SLAとINAは交渉を再開した模様。ムハンマド・マハディー・アル・バヤーティ議員(INA所属)は,NAの2極(SLAとINA)の対話は凍結したことはあるが断絶したことはない,INAの要求は例えばSLAの首相候補を変更することである,と述べた。

    (3)SLAは広く国民的な政権樹立のためのワーキングペーパーと政治改革のための文書を提出した。SLAは,首相職候補に「マ」首相,大統領職候補にタラバーニー大統領,国家戦略安全保障委員会の議長候補に「ア」元首相を提示することを原則としたポスト配分の構想を提示している。

    (4)バハー・アル・アァラジー議員(サドル派)は,INAは「マ」首相個人に反対しているのではなく,彼の,過去数年間の国家運営スタイルに反対していることを強調した。
  3. SLA所属議員によるアッラーウィー元首相の訪ロ批判(24日付アダーラ紙)

     ハイダル・アル・アバーディ議員(SLA所属)は,記者会見にて,「ア」元首相の訪ロを批判し,この訪問を調査する必要があると述べた。「ア」議員によれば,ロシアの報道機関が「ア」元首相は石油会社のメンバーとして訪問していると説明しており,同会社はイラクにおいて利権を有することから,イラーキーヤは本件に対し明確な説明を行わなければならないと述べた。また,「ア」議員はこの種の懸念を誘発するような訪問は憲法で罰せられる(ママ)と述べた。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.23 現地アスワート・アル・イラク紙

【経済・観光】 バスラ・シェラトンの再開

8月23日付当地アスワート・アル・イラク紙(英語版ウェブサイト)報道振り。

  1. 要旨

    ●ホテル「バスラ・シェラトン」の建物は,6ヶ月間にわたり復旧作業が行われていたところ,9月中旬に再開する見通し。

    ●同ホテルはバスラの観光業を活性化させることが期待されている。
  2. 記事本文
    The building of the Basra Sheraton, which has been in rehabilitation since six months, will be opened in mid Sept. 2010.
    “The rehabilitation project has been executed by a local firm at a total cost of $55 million,” a local media source told Aswat al-Iraq news agency.
    He noted that the hotel will activate tourism in Basra. The Basra Sheraton’ s building was heavily damaged during the military operations in 2003 and the looting that followed in the aftermath .
    The oil-rich city of Basra lies 590 km south of Baghdad. MH (P)/SR

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.23 現地各紙

【内政】 組閣に向けた各派の諸外国訪問や各国の反応

23日付当地各紙は,各派が行っている諸外国訪問や各国の反応につき報じているところ要旨以下のとおり。

  1. イラーキーヤ代表のロシア訪問(23日付ザマーン紙)

    20日からロシアを訪問中のアッラーウィー・イラーキーヤ代表はプーチン・ロシア首相と会談を行った。両者は新政権樹立,イラクの国連憲章7条下からの離脱や石油に関わる議題につき協議を行った。「ア」代表は,メドべージェフ大統領とも会談予定。
  2. SLA議員団のダマスカス訪問(23日付ザマーン紙)

    SLAの議員団は,バッシャール・シリア大統領と最新の新政権樹立にかかる進捗状況につき会談を行うために,事前に公表することなくシリアを訪問した。団長を務めるアリー・ダッバーグ首相府報道官は,今次訪問は,マーリキー首相による,シリアがイラク外務省攻撃の企画者達をかくまっているとの非難によって仲違いが発生して以後,SLAにとって初めての公式訪問である。なお,イッザト・アル・シャーバンダルSLA議員はヨルダンを訪問してヨルダン政府の責任者達と新政権樹立に係る協議を行っている。
  3. イラク政治各派によるシリアでの会合開催の可能性(23日付シャルクルアウサト紙)
     ダマスカス在住のイラク人筋の情報によると,ロシア訪問中の「ア」代表が今週末,帰路ダマスカスに立ち寄る機会に,SLA(上記2参照),INA,クルド同盟の関係者も交えた各派会合が開催される可能性がある由。同筋は会合に合わせてトルコ外相とアブドゥルアジーズ・ビン・アブドッラー・サウジ国王顧問がダマスカスを訪問することで,この会合がトルコのイニシアティブとアラブのスポンサーシップによる「第二ターイフ(注:レバノン和平を実現する基礎となったターイフ合意にちなんだもの)」となるであろうとしている。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.23 現地アダーラ紙

【石油事情】 キルクークとトルコのジェイハンを結ぶパイプラインの修理

8月23日付当地アダーラ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●石油省筋は,北部石油公社が石油の輸出のためキルクークとトルコのジェイハン(Ceyhan)を結ぶパイプラインの油漏れを修理しており,短期間で送油の再開が可能になるであろうとの見通しを述べた。
  2. 英文サマリー

    - Ministry of Oil is about to resume oil export via Kirkuk-Ceyhan pipeline
     The Assistant Manager of Information in the Ministry of Oil confirmed that the technical staff in the North Oil Company was fixing the oil spill spots in the Kirkuk-Ceyhan Pipeline for oil export. He asserted that the pipeline was not targeted by a terrorist operation and that it is expected to resume oil pumping within a short period after the maintenance process finishes. (Al-adala, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.22 現地アッザマン紙

【経済・電力】 ドイツ及び中国企業による発電所工事

8月22日付当地アッザマーン紙報道振り。

  1. 要旨

    ● 独シーメンスは,キルクークのターザ発電所改修工事を終え,今週中に試運転を開始する。

    ● 中国・上海重工がてがけるクート市北方のズベイディーヤ火力発電所建設現場には,初号機部品が到着した。中国人エンジニア・労働者等が到着次第,工事が再開される。
  2. 英文サマリー

    ・ Taza Power Station is operated, and Chinese equipment delivered to al-Zubaidiya Station
    The Director General of Taza Power Station in Kirkuk Jalal A. Jalil said in a press statement yesterday (August 21) that German experts from Siemens Company and 150 local technical and engineering staff completed advanced stages of the repairing works in the generating Unit No. 94 in Taza Power Station, and finished the connection of the turbines. He added that the test operating will start this week. Jalil pointed out that the repair costs hit more than $ 25 million, and the station was expected to provide 250 MW to the national network. On a related matter, the Chinese Shanghai Company in Wasit announced that all the equipment of the first generating unit of the al-Zubaidiya Thermal Station to the north of Kut City, had arrived on Thursday (August 19) at the worksite. The Representative of the Company Tai Yu Shing said that the Company started the first stage of work 3 months ago, including civil works and soil laboratory tests as well as installing the generating units and constructing the foundations of stores and labour camps. "The Company shall announce implementing the first stage of the project on the First of September, and work will be resumed when the Chinese experts, engineers and workers arrive", he added. (Azzaman, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.22 現地各紙

【イラク露経済関係】 アッラーウィー元首相の訪露

8月22日及び23日付当地報道取り纏め。

  1. 要旨

    ●訪露中のアッラーウィー元首相はプーチン露首相と会談し,露企業がイラクの経済再建及びそのプロジェクトへの投資に参加するよう求めた。

    ●同会談にはクレセント石油(UAE)のジャファル会長も同席し,イラク及び中東の他国におけるエネルギー分野での協力について協議した。
  2. 英文サマリー

    (1)23日付バグダッド紙
    - Allawi calls the Russian companies to invest in Iraq
     Dr. Ayad Allawi Head of Iraqia Bloc paid a visit to Russia and met the Prime Minister Vladimir Putin. During the meeting, Allawi called the Russian companies to participate in building the economy of Iraq and in investment of economic projects. (Baghdad, P1)

    (2)22日付アスワート・アル・イラク紙(アラビア語版ウェブサイト)
    It is worth mentioning that the Russian Novosti News Agency mentioned earlier that the Russian Prime Minister met the Chairman of Board of Directors of the Crescent Petroleum Company Hamid Jaafar and the Member of the Board of Directors and Head of Iraqia Alliance Ayad Allawi to discuss the prospective cooperation in energy sector in Iraq and other countries of the Middle East. Novosti corrected the news later on Sunday (August 22), saying that Allawi was not a member of the Board of Directors of the Crescent Petroleum.“ The deputy Prime minister of Russia and Chairman of Board of Directors of Ross Petroleum Company Igor Sechin said during the meeting that indications were made for the great role of implementing major bilateral projects in stabilizing the status in Iraq, as well as in the Middle East in general", Agency added.
    Crescent Petroleum is located in Sharjah in UAE, and performs works in Egypt, Pakistan, Yemen, Canada, Tunisia, Argentina, Iraq and the UAE for more than 40 years. (Aswat al-Iraq Website, Aug. 22)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.21 現地マシュリク紙

【石油事情】 北部クルド地域に進出しているノルウェー石油企業幹部の発言

8月21日付当地マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●ノルウェーのDNOインターナショナル社は,中央政府の輸出許可がなくとも,ビジネスを継続するのに十分な石油をクルド地域内で販売している旨述べた。

    ●同社幹部は,製油量及び現地製油会社との短期契約の増加によって(石油)採掘コストが低く安定していることにより,ザホ地域のTawke油田から収益を得ることが可能になっている旨述べた。
  2. 英文サマリー

    - DNO International, a Norwegian company, sells oil from Tawke field in Zahko
     DNO International, a Norwegian Company for oil and gas, said it was selling oil in Kurdistan region enough to continue the business in absence of authorization from the central government for exporting oil.
     Chief Executive of DNO International Helge Eide said in a statement that DNO Company was obliged to continue to work as much as possible instead of waiting for a political solution between Baghdad and Erbil. Eide said that the low and stable cost of extraction enabled the company to run the Tawke field in the district of Zakho (Duhouk Governorate) profitably, due to the growth of refinery production and an increase in short term contracts with refinery companies in Kurdistan. (Al Mashriq, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.19 現地アッタアーヒー紙

【国内経済】 イラクにおける自動車組み立て

8月19日付当地アッタアーヒー紙報道振り。

  1. 要旨

    ● 産業鉱物資源省傘下の自動車公社が,中国奇瑞汽車との間で1万台のセダン組み立てに関するMOUを締結。

    ● 同公社と仏ルノーの間では,トラック組み立て契約の協議が大詰め。
  2. 2 当館作成英文サマリー
    ・The State Company for Automotives Industry signs a MOU with Chinese Chery
    Company
     State Company for Automotives Industry, one of the companies owened by the Ministry of Industry and Minerals, signed a Memorandum of Understanding with the Chinese Chery Company to assemble and produce (10,000) saloon cars at the company plants. The General Director of the Company clarified that this activity was considered as one of its kind in Iraq and a first step for producing such a kind to cover the local market need of saloon cars, adding that the company was about to end final negotiations with French Renault Company to sign a contract between the both companies to assemble trucks in Iraq.
    On the other hand, State Company for Automotives Industry performed contracts with a state sector to sell trucks, fuel tankers, Reem Tourist buses and different kinds of caravans. These contracts were distributed over Hamorabi Company, Power Producing Company, Southern Fertilizers, Southern Refineries and Iraqi Drilling Company. It is to be noted that State Company for Automotives Industry presented recently its new Scania trucks to the local market byinstallment sale for state institutions and citizens on an equal basis.
    (Attaakhi, P4)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.19 現地サバーハ紙

【石油事情】 内務省石油警察局による油田保護の動き

8月19日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●(内務省)石油警察局は,油田保護のため,マジュヌーン油田に250人,ガッラーフ油田に250人,西クルナ油田に150人の計650人の治安要員を任命した旨,今後更に5,000人の治安要員を任命することが許可されている旨明らかにした。
  2. 英文サマリー

    - Oil-Police Directorate appoints 650 security guards for the Oilfields
    The Oil-Police Directorate announced appointing 650 security guards for the Oilfields of Majnun, al-Gharraf and West Qurna, and got approval to appoint 5,000 others. The Director General of the Oil-Police Major General Hamid A. Ibrahim confirmed that the Oil-Police was capable to privide the full protection to the local and international oil companies working in the country. He said during a visit to the oilfields bid in the two licensing round in Basra, Maysan and Dhi Qar, that the security guards would be increased in these provinces. He announced that the Directorate appointed 250 guards in Majnun Oilfield in Maysan, 250 in al-Gharraf Oilfield in Dhi Qar and 150 in West Qurna Oilfield in Basra according to the regulations of the Ministry of Interior. He revealed that the Directorate would implement intensive procedures to enhance the performance and abilities of its forces.
    Major General Ibrahim said, during a visit to the Chinese Oasis Company which supervised the development of the northern oilfields of al-Rumaila, that the Directorate was confident of the assurances which was provided to the winning investment companies in the two oil licensing rounds to develop the gas and oilfields, and that the Directorate's forces were capable of protecting the staff of the working companies on the work locations and accommodations as well as during their transfers. The Director of the Chinese company welcomed the assurance, and considered it as an evidence for the keenness of Iraqis to invest the oil resources to construct the institutions and infrastructure of the state. (Al-Sabah, P4)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.18 現地マシュリク紙

【金融経済】 HSBCのイラク事業展開及びイラク銀行セクターの状況

8月18日付当地アル・マシュリク紙報道振り

  1. 要旨

    ● HSBCは,2005年に地場銀行に70%出資。現在イラク全土に16の支店を有しているが,今後12から18か月以内に4から6支店新規に開設する意向。

    ● イラクには,7国営銀行と36民間銀行が存在するが,当局から最低資本金の引き上げを要請されているため,今後統合が進んでいく見込み。
  2. 2 英文サマリー

    ・HSBC Bank to open new branches in Iraq
    The Executive Manager of the Iraq Unit in HSBC Bank of U.K James Hogan said that the Unit was waiting for appropriate opportunities to fund infrastructure projects relating to the reconstruction of Iraq, and for gradually opening more branches. Hogan said "Iraq is on its way toward the upcoming phase of development...We are overcoming the security circumstances and entering the economic recovery". The HSBC Bank entered Iraq in 2005 by purchasing 70 % of the local
    Bank of "Dar al-Salam". It currently has 16 branches all over Iraq, and it intends to open 4-6 new branches in the upcoming 12-18 months.
    It is worth mentioning that the Iraqi banking sector includes 7 State banks and 36 private banks which are expected to merge gradually, especially after the Iraqi authorities demanded that all the banks should raise their minimum capitals to 250 billion ID (=$ 213.9 million) by 2014. Hogan said that, accordingto those new conditions, HSBC-Iraq shall increase its current capital worth 57 billion ID up to five-fold the amount in the next 5 years. He added that HSBC is working with an international organization (which he didn't mention by name) on funding and arranging accords for purchasing cement plants in Iraq.
    (Al-Mashriq, P4)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.18 現地アダーラ紙

【国内経済】 バスラ県評議会による電力供給に係る決定

8月18日付当地アダーラ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●17日,バスラ県評議会は,同県の電力不足を解決するため,国の電力供給ネットワークから同県を切り離すことを決定した。

    ●同評議会報道官は,バスラで発電した電力を同県だけで利用するために本件決定が行われた旨,バスラを国の電力供給ネットワークから切り離すことによって,同県はさらに900MWを利用できるようになる旨述べた。

    ●専門家は,本件決定が,ナーシリーア,サラハッディーン,バービル及びニナワ等発電所を擁する他県に拡大する危険性を指摘している。
  2. 英文サマリー

    - Basra Council decides to separate the Governorate from the national power network
    The Basra Council decided yesterday (August 17) to separate the power supply of the governorate from the national power network as a procedure to solve the lack of electric power crisis, and as the biggest challenge which the Ministry of Electricity encounters after the demonstrations occurred last June and resulted in the Minister' s dismissal.
     The Media Director in the Governorate Council Hashim Il'aibi said that the decision was made to keep the power product of Basra only for itself. He indicated that this procedure was taken after the Council demanded the Ministry of Electricity to allocate the Basra power production only for the governorate due to the deterioration of the power supply. He added that separating Basra from the national power system would spare about 900 MW for the governorate.
     According to experts, the decision is risky if it spreads over the other power producing governorates such as al-Nassiriya, Saladdin, Babil and Ninewa. (Al-adala, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.17 現地アッシャルクルアウサト紙

【イラク石油事情】 油田開発用機器搬入のためのクウェート国境開通に係る動向

8月17日付当地アッシャルクルアウサト紙の報道振り。

  1. 要旨

    ●石油省はバスラ県評議会に対し,英BP社がクウェート国境からアル・ルメイラ油田開発用機器を搬入できるよう輸送路の開通を許可することを提案したが,同評議会はこれを拒否した。

    ●同評議会副議長は,拒否の理由として,BPのみに認めることは不合理であること,武器の流入等治安面の懸念があること等を挙げた。
  2. 英文サマリー
    - Basra Council rejected opening a transportation road for B.P. Company
     BP Company seeks to start work in Al-Rumaila Oilfield in Basra. Meanwhile, the Basra Governorate Council rejected the proposal of the Ministry of Oil to give permission for the BP to open a transportation road to transfer its equipment from Kuwait. The Deputy Chairman of the Council, Sheikh Ahmed al-Solaiti, told "Al-Sharq al-Awsat" that the Council rejected the suggestion because it was illogical that the Ministry of Oil would allow one company to transfer its equipment via a private road and prevent the other companies. " Everyone has to be subject to regulations and laws, and no exception should be made based upon special opinions", he said.“ Opening an external road without security monitoring may let the door open for security violations, especially if it is not under the authority of the Iraqi law, as it happened before in the transporting lines for the US Army. The Council discovered many violations in those lines concerning transferring equipment and weapons for insurgents", he added.
    Sheikh Al-Solaiti said, "the Ministry of Oil is not concerned with legislation and giving permissions to specific companies to utilize uncontrolled border outlets. Legislation is only under the authority of the Parliament. We deal with the Ministry of Oil according to the law and regulations, and the rejection decision is justified".
    It is worth mentioning that in October last year the Iraqi Council of Ministers ratified the contract with BP and CNPC to develop Al-Rumaila Oilfield whose reserves are estimated at 17.8 billion barrels. (Al-Sharq al-Awsat, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.17 現地サバーハ紙

【日イラク経済関係】 GAMCOの日本車等の納入に関する契約

8月17日付当地アル・サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ● GAMCO(注)は,住友商事による日本製及びタイ製ピックアップの納入について契約を締結したと発表。

    ● GAMCOは,日産,BMW,IVECO,KOBELCOについても車両及び部品供給に関するMOUを締結している。
    (注)GAMCO:貿易省傘下の自動車建機公団
  2. 英文サマリー

    ・Ministry of Trade signs contracts to import Japanese and Thai cars
     Ministry of Trade signs a new contract for the supply of modern cars of Japanese and Thai origins. According to the statement from the media office in the Ministry, Mr. Adnan Rida Kareem, the Director General of GAMCO, said that GAMCO signed contracts with companies from Japan and Thailand for the supply of pick-up type vihcles (Single and double CAB) by Sumitomo Company, noting that GAMCO had signed earlier memorandums of understanding for the supply of vehicles with their spare parts with the following companies:
    1- Erta international company to import Nissan cars in different type
    2- Al Janeabi company to import BMW cars and Iveco Trucks
    3- a global equipments and contracting company for the supply of machinery, equipments and tools: New Holland Kobelco
    4- a regional Arab agent for Japanese Nissan company.
    (Al-Sabah, P4)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.16 現地各紙

【イラク内政】 イラーキーヤによるSLAとの組閣交渉停止

16日付AFP電及び17日付当地各紙は,イラーキーヤによるSLAとの組閣交渉停止表明につき報じているところ要旨以下のとおり。

  1. マイスーン・アル・ダメルージー・イラーキーヤ報道官発言(16日付AFP電,17日付ザマーン紙,アッシャルクルアウサト紙,マシュリク紙他)

    マーリキー首相が,16日に放映されたテレビでのインタビューにおいて,イラーキーヤが特定の宗派(スンニー派)を代表していると述べたことに対し,イラーキーヤは,「マ」首相に謝罪を要求し,イラーキーヤが(宗派によらない)国民政党であると認めるまで「マ」首相との交渉を停止することを決定した。
  2. イラーキーヤ関係者の発言(17日付マシュリク紙他)

    (1)ハイダル・ムッラー報道官は,(イラーキーヤはスンニー派政党であり,シーア派なしに樹立された政府ではイラクは不安定となるとの)「マ」首相の発言は,SLAが宗派を巡る議論において視野狭窄に陥っており,憲法第7条が禁止する宗派を理由とする争いを惹起すると述べた。

    (2)ジャマール・アル・バッティーフ議員は,SLAの交渉に対する真剣さの欠如が交渉停止の背景にあると述べた。また,「マ」首相がイラーキーヤの憲法上の権利をおろそかにしていること,24名のシーア派議員が含まれていることを無視してイラーキーヤはスンニー派連合であると述べたことを批判した。
  3. SLA関係者の発言(17日付サバーハ紙)

    アリー・アディーブ議員は,イラーキーヤによる交渉停止決定に対して驚いているが,(「マ」首相の発言は)イラーキーヤが交渉を停止する言い訳に過ぎず,この決定に至った本当の理由は別にあり,SLAはこの理由を国民に対して明確に説明したいと述べた。また,(首相職,国会議長職及び政治評議会議長職をSLAとイラーキーヤで分け合うとする)米国の提案に基づく交渉をイラーキーヤが停止したいことが背景にある旨述べた。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.15-16 現地各紙

【内政】 新政権樹立を巡る米国の動向

15日付及び16日付当地各紙は,新政権樹立を巡る米国の動向につき報じているところ,要旨とりまとめて以下のとおり。

  1. マーリキー首相とジェフリー・フェルトマン米国務次官補の会談(15日付サバーハ紙)

    (1)14日,「マ」首相は「フェ」次官補と会談し,両者は広く国民的な政権の樹立に向けた交渉の進捗状況につき議論した。

    (2)「マ」首相は,連立交渉は正しい方向に向かっており,全ての参加者が満足できる広く国民的な政権の樹立は近く,特に次期政権樹立に向けたあらゆる意見の中には共感できるものがあり,この事実が真に広く国民的な政権樹立につながると述べた。また,組閣問題はイラク人により解決されなければならないが,イラク人の努力に対する他国の支援は歓迎すると述べた。

    (3)「フェ」次官補は,早期の政権樹立に向けて行っている各政治ブロックの努力を賞賛した。また,米国はイラクが無事に新政権を樹立出来るよう関心を持って注意深く見守っており,イラク人の努力を支援する用意があると述べた。
  2. クルド同盟要人と「フェ」次官補の会談(16日付サバーハ紙,同日付アッシャルクルアウサト紙)

    (1)15日,バルザーニーKRG大統領は「フェ」次官補と会談し,最近の政局と新政権樹立に向けた努力につき議論した。「バ」大統領は,新政権樹立に向けて各派が合意していない論点に焦点を当てつつ,各派の歩み寄り(を促す努力)を含むクルドの立場を説明した。

    (2)15日,バルハム・サーレハ・KRG首相は「フェ」次官補と会談し,最近の新政権樹立に向けた努力について議論した。両者は,あらゆるイラク人の要求を満たす広く国民的な新政権樹立の重要性を強調した。
  3. アンマール・ハキームISCI党首と「フェ」次官補の会談(16日付サバーハ紙,同日付アダーラ紙)

    (1)14日,「ハ」党首は「フェ」次官補と会談し,現在の例外的な政治状況(の解決)には国民参加の原則が求められ,特定の政党を排除する政権には参加しないISCIの立場を強調した。「フェ」次官補は,広く国民的な政権樹立に向けて行っている各政治ブロックの努力に対する米国の支援を強調し,各派の歩み寄りにおいてISCIが果たす役割を賞賛した。

    (2)INA筋がサバーハ紙に述べたところによると,INAは,首相職,国会議長職,政治評議会議長職をSLAとイラーキーヤで分け合い,クルドに大統領職を,INAに主要閣僚職(複数)を与えるという米国の提案を拒否した旨述べた。
  4. イラーキーヤ議員の米国への見方(15日付ザマーン紙)

    (1)14日,アブドゥルカリーム・アル・サーマッラーイー議員は,米国は,あらゆる会合においてイラーキーヤとSLAの連立による組閣を画策しており,米国の立場は当初より「マ」首相の続投で変化はないと述べた。また,イラーキーヤが米国に対して憲法の履行と選挙結果の尊重に向けて米国の義務と責任を果たすよう求めており,多くの政党が現政権の存続を望んでおらず,「マ」首相は新政権樹立を阻害している一因であると述べた。

    (2)ジャマール・アブドゥルハーディー・アル・バッティーフ議員は,自らの目的実現のためにイラク政局を操作しようとする諸外国の勢力が大きな問題を引き起こしていると述べた。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.16 現地マシュリク紙

【国内経済】独米日韓車のイラクにおける市場拡大に向けた取組み

8月16日付当地アル・マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ● 独アウディ・フォルクスワーゲンはバグダッドとエルビルに展示場を置くとともに,エルビルにサービスセンターを置いて,イラクでの市場を拡大する計画。

    ● 米ドッジ及びシボレーはバグダッドとクルド地域に展示場を設置。市場で高評価を得て両社よりも販売が好調な日産もイラク市場に参入。

    ● 他方,低所得層には,価格が手頃で耐熱性能が高い韓国車が魅力的となっている。
  2. 英文サマリー

    ・Audi-Volkswagen Middle East Company opens agencies in Iraq
     The Audi Volkswagen Middle-East Company announced that it expanded its activity in the Middle-East region by holding official partnership with the National Company for Automobile Trading, one of Mu'een Bahbahani's Companies as a credited agency for Audi-Volkswagen in Iraq. The Company has plans to expand in the Iraqi markets by establishing comprehensive car-exhibitions in Baghdad and Erbil as well as a service centre in Erbil to be opened in September.
    On a related matter, the two U.S. Dodge and Chevrolet Companies opened car-exhibitions in Baghdad and Kurdistan. On the other hand, the Japanese Nissan Company entered the Iraqi automobiles market as a strong competitor which scored better sales in comparison with Dodge and Chevrolet due to its good reputation.
    Nevertheless, the Korean cars became more attractive for the low-income citizens due to the mild prices and endurance for high temperatures in comparison with the high prices of the Japanese and American cars. (Al-Mashriq, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.15 現地バグダッド紙

【国内経済】 ワシート県の住宅及び保健セクターに関する同県と欧州企業との協議

  1. 要旨

    ●ワシート県評議会は,同県を訪問した多数の独及び伊企業が同県の住宅及び保健セクターに投資を行う意欲を表明した旨明らかにした。

    ●伊Konziz社は同評議会に対し,クート南東のカラマ地区153エーカーの土地に住宅7,000戸を建設するために投資を行いたいと表明。同評議会は,治安及び財務面も含めた,同県が投資者に提供し得る全ての重要な施設及びサービスを説明した。
  2. 英文サマリー

    - Italian and German companies intend to invest in Wasit
     Wasit Governorate Council announced that a number of German and Italian companies expressed a desire to invest in housing and health sectors during a visit to the Governorate by representatives to consider the investment opportunities. Mr. Al Rudaini, an official of Media in the Wasit Governorate Council, said that a delegation from Italian company Konzizu visited the Governorate recently to see the overall investment opportunities available and the nature of the facilities that could be provided by the local government to investors. Mr. Al Rudaini added that Mr. Mohsan Al Jarodi, the company's representative, expressed his desire to invest in the housing sector to build 7,000 units in the Karama area, southeast to Kut City, on the area of 153 acres. Al Rudaini added that the Governorate Council briefed to the company all the important facilities and services that could be provided by the local government to the investors including security and financial guarantees. (Baghdad, P3)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.15 現地サバーハ紙

【国内経済】 電力・石油精製・セメント・肥料等の分野での投資案件

8月15日付当地アル・サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ● 国家投資委員会は,電力省と計2万7千MWの発電所投資プロジェクトを,石油省と4つの製油所投資プロジェクト(ナーシリーヤ,キルクーク,カルバラ,ミーサーン)を調整中。

    ● この他の投資案件はセメント工場(アル・カーイム,クバイサ,カルバラ,ムサンナー,キルクーク)及び肥料工場(ベイジ,コール・アル・ズベイル)等。このうち,コール・アル・ズベイル肥料工場は日本の無償資金供与(ママ 在イラク大使館注:実際には円借款)で改修予定。
  2. 英文サマリー

    ・NIC offers power stations' projects for investment within 3 years
    The Chief of the National Investment Commission Dr. Sami al-Aaraji said that the Commission coordinated with the Ministry of Electricity to offer several power stations of a total capacity of 27,000 MW for investment during the next 3 years on stages. He asserted that the Commission planed to involve the investors in all the agricultural, industrial and commercial sectors. He added that the Commission also coordinated with the Ministry of Oil and offered 4 new oil refineries for investment at a cost of $ 25 billion either by direct investment or through investment partnerships. These refineries are al-Nassiriya at a capacity of 300 000 b.p.d., Kirkuk at 150 000 b.p.d., Karbala at 140 000 b.p.d. and Maysan at 150 000 b.p.d. He pointed out that the Commission was currently considering the offers of the competing companies, and would choose the best offers in coordination with the Ministry of Oil. Al-Aaraji explained that the Commission offerred 3 cement plants for investment in the industrial sector, namely; al-Qa'em, Kubaisa and Karbala. It is also about to offer the two cement plants of al-Muthanna and Kirkuk for investment in addition to some other plants and the plant of Beiji for fertilizers, and to rehabilitate the Khor al-Zubair production lines of the fertilizers plant in Basra by means of the Japanese Grant. He added that talks are being held with various sides to invest the Phosphate Plant of Akkashat. (Al-Sabah, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.14 現地アダーラ紙

【欧州諸国等経済関係】 二国間経済協定の見直し

8月14日付当地アダーラ紙報道振り。

  1. 要旨

    ● 貿易省は,20か国以上の二国間協定の見直しプロセスを終えたと述べた。見直しは,WTO加盟を視野に入れた民間部門の役割強化や経済の自由化といった動きに合わせたもの。

    ● 同省は,英との経済技術協定,仏との経営者評議会に関する協定の他、チェコ,スロバキア,スロベニア,ルーマニア,ブルガルア,ボスニア・ヘルツェゴビナ,イラン,ヨルダンとの経済商務協定案等,13以上の新協定について前向きな成果が得られていると示唆。
  2. 英文サマリー

    ・Iraq reconsiders conventions with 20 countries
    Ministry of Trade announced the completion of re-examination on all agreements that were signed before in the light of changes to work for fulfilling requirments for Iraq to join WTO, that set legal reform as conditions for accession. The Director General of the Economic Relations Department in the Ministry of Trade Hashim Mohammed Hatem said that the Department finished the process of reconsidering all the bilateral conventions between Iraq and more than 20 countries. He explained that the former conventions did not fulfill the needs of Iraq regarding the move of the Government towards giving a bigger role to the private sector to turn the centralized economy into the free one. He added that the Ministry coordinated with the Iraqi concerned ministries and authorities to develop new conventions on the economic and technical cooperation between Iraq and the World countries, to be finalized and presented to the Iraqi Council of Representative for checking, then to be forwarded to the General Secretariat of the Council of Ministers for discussion, and finally to be ratified by the Parliament. He indicated that the Department accomplished positive results upon more than 13 new conventions, namely; the economic and technical convention between the Republic of Iraq and the U.K., and the convention of establishing an Iraqi-Frenchcouncil for employers, as well as economic and commercial convention drafts with the Czech, Slovakia, Slovenia, Romania, Bulgaria, Bosnia-Herzegovina, Iran and Jordan. (Al-adala, P3)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.14 現地サバーハ紙

【外政】 イラク・イラン関係

14日付当地サバーハ紙はイラク・イラン関係を報じているところ,要旨とりまとめて以下のとおり。

  1. タラバーニー大統領とアフマディネジャード・イラン大統領の電話会談

    (1)13日,「タ」大統領は「ア」大統領からラマダン月到来を祝う電話連絡を受けた。同連絡の中で,両大統領は,両大統領及び両国民の繁栄及び発展をお互いに祈念した。
    (2)両大統領は,両国民に共通する利益の増進及び両国の発展のため,二国間の協力や関係を発展,拡大させることの重要性を強調した。
  2. マーリキー首相とハッサン・ダーナーイーファル在イラク新イラン大使の会談

    (1)12日,「マ」首相は,「ダ」イラン大使と会談した。

    (2)「マ」首相は,イラク政府があらゆる分野において,イランとの関係発展に強い関心を持っていると強調した。政府発表によると,「マ」首相は,両国間には元々重層的な協力関係があったが,障壁を乗り越えるためには,更なる共通理解と協力が必要であることを述べた。また,両国関係には,経済や投資分野において継続性が必要であり,多くの共通関心事項に関して協議を続けるが,治安と政治に関する議論はとりわけ重要であると述べた。

    (3)「ダ」大使は,在イラク・イラン大使として,二国間関係の強化や深化,両国の安全保障の強化のため,自らの職責を全うすると述べた。また,「ダ」大使は,新政権の早期樹立を希望し,イラクの平和,安定及び繁栄のために,イラク経済の発展や住宅建築及び投資促進に向けた支援のため,イラン政府は可能な限り支援すると改めて述べた。
  3. ハーシミー副大統領と「ダ」大使の会談

    (1)「ハ」副大統領は,着任挨拶に訪れた「ダ」大使とラマダン月到来の挨拶を交わした。

    (2)「ハ」副大統領は,「ダ」大使の着任を歓迎する旨述べ,近年発展している両国の関係は,お互いの信頼や主権の尊重,内政不介入に基づいた新しいものである述べた。

    (3)「ハ」副大統領は,「ダ」大使による着任時の声明を好意的に受け止めており,その実現を期待すると述べ,「ダ」大使に対して,国境,公海,油田,河川,イランにおけるイラク人囚人等の課題に取り組むよう求めた。

    (4)「ダ」大使は,着任の喜びと二国間関係伸張に向けた希望を述べた。また,組閣の問題はイラク人の問題であり,イラク人自身によって解決されるべきであると述べ,イラク新政権の早期樹立に向けたイラン政府の立場や支援への関心を強調した。

    (5)「ダ」大使は,「ハ」副大統領が求めた課題に関し,イラン政府の要望とも合致するものであり,実務家による小委員会を設置し,兄弟として友好的かつ誠実に解決に努力する用意があると述べた。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.14 現地サバーハ紙

【経済事情】 住宅プロジェクト実施のための外国企業選定

8月14日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●サミー・アル・アァラジー国家投資委員会(NIC)委員長は,100万戸の住宅を建設するプロジェクトを実施するため,オファーのあった土,米,加,西,仏,独,韓の企業117社の中から35社を選定し条件交渉を行う方針である旨述べた。
  2. 英文サマリー

    - NIC chooses 35 international companies to execute a major housing project
      The Chief of the National Investment Commission Dr. Sami al-Aaraji said in an interview with Al-Sabah Newspaper that the project of one-million residential units was in its final stages, and that 117 global companies from Turkey, U.S.A., Canada, Spain, France, Germany and South Korea offered to execute the project, from which 35 companies were chosen for negotiations on the execution terms. He added that the residential units would be sold to people; 25 % of the total value ($ 50,000) to be paid in advance, the remaining money to be paid in 10-15 years. (Al-Sabah, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.14 現地各紙

【治安情勢】 イラク軍の準備状況についてのイラク参謀総長発言に対する反応:

14日付当地各紙は,11日のイラク軍参謀総長による米軍撤退を見据えたイラク軍の準備状況に関する発言への反応を報じているところ,要旨以下のとおり。

  1. 国防省の反応(マシュリク紙)。

    (1)ムハンマド・アル・アスカリー報道官は記者会見において,イラク軍は国内治安維持任務の移譲に完全な準備が出来ていると述べた。

    (2)「ア」報道官によれば,ズィバーリー・イラク軍参謀総長によるイラク軍には治安維持任務を引き継ぐだけの能力が無いとの発言の真意は,イラク軍の近隣国との交戦時における能力であり,国内治安任務の引き継ぎを意図したものではない。
  2. イラーキーヤの反応(マシュリク紙)

    (1)イラーキーヤは,外国軍撤退が間近であるにもかかわらずイラク軍に治安維持を引き継ぐ準備がなされていないこと及び撤退後の空白を埋める方法に関し議論を行うため,臨時国会の召集を求めた。

    (2)ハイダル・アル・ムッラー・イラーキーヤ報道官は,「ズィ」参謀総長の発言は,マーリキー首相の同状況に関わる発言が楽観的過ぎることを示すと述べた。「ム」報道官によれば,イラク全土において治安状況の悪化が明らかになってきており,連日のようにイラク人が殺害されている事実はその証左であると述べた。
  3. 「マ」首相発言(サバーハ紙)

    (1)現場における治安機関の能力に依然として懸念は残るものの,(米軍の完全撤退後にむけた)イラク軍の準備は十分と思われる。

    (2)米軍からイラク治安機関(軍や警察)への任務の移譲は,最近始まったものではなく,かつて米軍が行っていた任務のいくつかは,すでにイラク治安機関が行っている。現在,イラクは,その治安維持や主権の守護が可能なだけの装備や兵力を備え,訓練がされた軍を有している。

    (3)現在のイラクの国力は軍事力によるのではなく,民主主義やイラク国民の統一,戦闘経験等,物量だけではない精神,思想,教育上の価値から成り立っている。(サッダーム政権時のように)単純な軍事力だけでは,問題解決や治安維持は実現出来ない。

    (4)今後,イラク軍兵士は,町中ではテロリストと戦闘を行うだけでなく,行政サービスの向上や治安の安定化のための任務に就く。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.14 現地マシュリク紙

【イラク・スウェーデン経済関係】 瑞公式代表団によるバスラ投資委員会の訪問

8月14日付当地マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●バスラ投資委員会委員長は,瑞公式代表団が同委員会を訪問し,バスラにおける投資機会及び様々なプロジェクトを実施するための仕組み等について協議が行われた旨述べた。

    ●同委員長は,投資機会に関する協議の中で,電力不足を解決するための発電所建設や,イラク全土において8万棟の住居を建設するプロジェクトも取り上げられた旨付言した。
  2. 英文サマリー

    - An official Swedish delegation discusses investment in Basra
    The Chief of the Basra Investment Commission Haidar Ali Fadhil said that an official Swedish delegation discussed with officials of the Commission the investment opportunities and the mechanisms to execute various projects in the Governorate. During the meeting, projects of infrastructure were discussed, and the Iraqi Investment Law was explained by the Iraqi side. “ The investment opportunities which were reviewed included the establishment of electricity stations to solve the crises of the lack of electricity, and a project to build 80,000 residential units all over Iraq", he added. (Al-Mashriq, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.12 現地バグダッド紙

【イラク中国経済関係】 バービル県投資委員会による中国企業等への投資ライセンス付与

8月12日付当地バグダッド紙報道振り。

  1. 要旨

    ●バービル県投資委員会は,中国企業及び現地企業に対して3件の重要な投資ライセンスを付与した。

    ●中国企業に対しては,7haの土地に中国産業の店舗及び展示会場(建設資材や農機具等)を建設するための投資ライセンスが付与された。費用は2,500万ドル。

    ●現地企業に対しては,医療施設(費用60万ドル)及び娯楽施設(費用400万ドル以上)に係る各プロジェクトを実施するための投資ライセンスが付与された。
  2. 英文サマリー

    ・Babil Investment Commission grants an investment license to a Chinese company
    Babil Investment Commission granted 3 important investment licenses to some Chinese and local companies. It has granted a license for the Chinese“ Tinneen al-Sharq” (Dragon of the East) Company to establish a project of stores and exhibitions of the Chinese industries at a cost of $ 25 million. It is considered as an important commercial project for the Governorate, and will be executed in an area of 7 ha. It consists of a fair for construction materials and a square to exhibit the agricultural vehicles and machinery. The project is expected to complete within 2-3 years over 3 stages.
    The other two investment licenses were granted to local companies to implement projects of a medical compound at a cost of $ 600,000 and a fun-city at more than $ 4 million cost. (Baghdad, P3)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.12 現地サバーハ紙

【イラク・オランダ及びフランス経済関係】 バービル県経済ミッションオランダ及びフランス訪問他

8月12日付当地アル・サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ● 経済ミッションを率いて蘭及び仏を訪問したバービル県副知事は,同ミッションが蘭企業及び仏企業との間で4つのMOUに署名したと述べた。

    ● MOUには,空港や住宅の建設の他,水道,下水,観光,遺跡等の事業が含まれる。

    ● また,同副知事は,トルコ及び蘭企業が既に公営病院の事業(ヒッラ)や住宅建設の調査事業(アブ・キスターウィ)を開始している他,温泉プロジェクト(バビロン)の設計を行っていることを明らかにした。
  2. 当館作成英文サマリー

    ・Babil Governorate signs memorandums of understanding with Dutch and French
    companies
     The Deputy Governor of Babil Sadiq Al-Mhanna, who had earlier headed an
    economic delegation and visited Netherlands and France, said that the delegation signed 4 memorandums of understanding with Dutch and French companies to
    implement several investment projects such as constructing an airport in Babil,
    building housing compounds, and other projects in the fields of water, drainage, tourism and antiquities. Al-Mhanna said that the local government provides all
    the facilities to improve the investment climate and to attract the foreign
    companies.
    He added that Turkish and Dutch companies had already started implementing
    some projects in Babil such as the public hospital in Hilla City, the survey
    project in Abu-Khistawi area to build a housing compound, the designs' setting
    of "Babil spa project and the three mountains surrounding the ancient city of
    Babylon" which are expected to finish in the upcoming few days. (Al-Sabah, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.11-12 AFP通信および現地各紙

【治安情勢】 米軍撤退後を見据えたイラク軍の準備状況についての記者会見におけるイラク参謀総長他の発言

11日付当地発AFP電及び12日付当地各紙は,11日,米軍撤退後を見据えたイラク軍の準備状況に関し,イラク軍高官他が記者会見にて行った発言を報じているところ,要旨以下のとおり。同記者会見には多数のイラク軍将校や米軍の代表が参加した。なお,イラク軍当局筋によれば,現在のイラク軍の兵力は20万を超える。

  1. バービキル・ズィバーリー・イラク軍参謀総長(中将)発言(11日付AFP電,12日付アッシャルクルアウサト紙,同日付マシュリク紙他)

    (1)イラク軍が2020年までに治安維持にかかる業務を完全に引き継ぐことは不可能であり,引き続き米軍の支援が必要である。

    (2)現在,イラク軍の整備に向けて重要な3つの段階を経ているところであり,(その進捗には)十分な注意と関心を払わなければならない。

    (3)政治家達は米軍が撤退することにより生じる空白を埋め合わせるために代替手段をとらなければならない。現在は米軍が駐留していることから,自分(「ズィ」参謀総長)はイラク治安機関(軍・警察含む)の能力について安心しているが,米軍が完全撤退した2011年以後問題が生じるであろう。

    (4)近隣国との国境付近での任務にあたるイラク軍には,イラク軍の能力が十分な状態になるまでは,近隣国や米軍と協調した治安維持のための計画や合意,協定の存在が不可欠である。こうした合意や協定は,大きすぎる軍の設立防止やイラクの治安確保のためにも不可欠である。

    (5)イラク軍の将来における任務は,引き続きテロとの戦いや国内の治安の維持であるが,徐々に国内の治安維持機関にも責務を移管することとなる。国境警備及び防衛にさらなる責任を有し,陸・海・空各分野の能力向上が必要であり,長期的な計画を練ることが不可欠。
  2. アブドゥルカーデル・アル・オベイディー国防大臣発言(11日付AFP電,12日付アッシャルクルアウサト紙,同日付マシュリク紙他)

    (1)イラク軍の任務には,依然としていくつかの欠陥がある。最近,複数の場所で発生した事件は,不注意や怠慢,命令の不履行等が原因であった。こうした欠陥がイラク軍に対する多くのテロ活動の成功を招いている(「オ」国防大臣は,先週のアーザミーヤ地区における多くの兵士の殺傷事件や今月初めのイラク軍兵士の遺体への放火による遺体損壊事件を示唆している模様)。如何なる軍隊も,全くの0%から85%の基準に至る能力を得るまでには長い時間が必要。

    (2)今般開始されたイラク軍整備計画は,空輸による兵站支援能力の向上,都市部における治安維持任務の多国籍軍からイラク軍への権限移譲,治安維持能力の向上という3つのレベルにて行われている。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.11 アスワート・アル・イラク紙

【石油事情】 米企業による油田開発用の水確保の取り組み

8月11日付当地アスワート・アル・イラク紙(英語版ウェブサイト)の報道振り。

  1. 要旨

    ●米オクシデンタル社は,油田開発のためにバスラで飲料水プロジェクト(ママ)を立ち上げる方向で検討している。これは,南部石油公社が同社に対して,井戸への注入や油田開発に使用する目的で水を供給することを拒否したため。

    ●「オ」社は,ウンム・カスルにおいて淡水化プロジェクトを実施することを検討している。
  2. 記事本文
    U.S. Occidental to implement drinking water project in Basra

    BASRA / Aswat al-Iraq: U.S. Occidental Company seeks to establish a drinking water project in Basra to develop oilfields, an oil expert said on Monday.
    “ The oil company seeks to implement the project as the South Oil Company refused to provide it with the Bedaa water to use it to inject the wells and to develop oilfields,” Dr. Jabar al-Halfi told Aswat al-Iraq news agency, pointing out that the company uses a special way to develop and extract oil through injecting wells by drinking water.
    “ The company seeks to implement a project in Umm Qasr to desalinate water to use in its operations,” he said.
    The company, which won two oil licenses, started its investment operations last July in al-Rimiela northern and southern oilfields and west of Qarna.

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.11 現地マシュリク紙

【経済事情】 民間企業による港湾セクターへの投資

8月11日付当地マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●イラク港湾公社幹部は,マツダ(ママ),シーメンス,フォルクスワーゲン,アウディといった企業120社がイラクの港湾セクターに投資を行う見通しであり,また,運輸省が所管する埠頭の大部分について外国企業との共同操業がオファーされるとみられる旨発言。
  2. 英文サマリー

    - 120 companies intend to invest in Iraqi ports
    Director of the Iraqi Ports Company Salah Khudheir confirmed that 120 companies would invest in the Iraqi ports sector. He mentioned his veiw that most of the wharfs that belong to the Ministry of Transportation would be offered for joint-operating contracts between Iraq and any international companies. He said, "120 companies, such as Mazda, Siemens, Volkswagen and Audi, will invest in the Iraqi ports", and indicated that the profits resulted from the joint-operating contracts with the Iraqi Ports Company would be 3 times more than those of the past years. “ The German Siemens Company presented an investment offer for exhibiting its products related to port-ware", he added.
    It is worth mentioning that the Iraqi Ports Company concluded a joint-operating contract with the German Marlok Company a few days ago for a period of 7 years worth $ 120 million. In addition, both the French CNG Company and the UAE Gulftainer Company started rehabilitation works of the wharfs of Basra ports. (Al-Mashriq, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.11 現地アッザマーン紙

【石油事情】 ガス田入札及び将来のガス生産・輸出

8月11日付当地アッザマーン紙他報道振り。

  1. 要旨

    ● 石油省によれば,イラクは,ガス田入札に係る契約後2年以内にガス生産を開始し、ナブッコパイプラインを経由して最大の対欧州輸出国となる由。

    ● 総生産量に占める国内消費(発電)の割合は、発電需要によるが1-50%となる見込み。

    ● 10月のガス田入札では,ピーク生産量及びバレル相当当たりの報酬が判断の基準となる。 
  2. 英文サマリー

    ・Ministry of Oil: Iraq will compete with Russia on gas production
    The director of legal section of the department of contracts and licenses in
    the Ministry of Oil Mr. Sabah Abdul Kadhim said that Iraq would produce gas in
    two years and become the biggest exporter to Europe via Nabucco pipeline. He
    pointed out that the volume of domestic consumption in the total production will be between 1 - 50% at maximum according to the need of power stations. He added
    in a statement yesterday (Aug 10) that Iraq will offer in next October three gas fields for the International companies to invest, indicating that the criteria
    for competition between the companies will be the peak of production and fees
    per equivalent barrel. (Azzaman, P1)
    He said he expected the procution to start within two years of signing
    contracts with companies and Iraq to be the biggest exporter to Europe. Iraq
    will compete with Russia on gas production by linking the Akkaz Field via NabuccoGas Line. (Al -Mada Newspaper Web, Aug 11)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.09-10 現地各紙

【イラク内政】 新政権樹立に向けたクルド勢力を巡る動向

9日及び10日付当地各紙は新政権樹立に向けたクルド勢力を巡る動向を報じているところ,要旨とりまとめて以下のとおり。

  1. マーリキー首相のエルビル訪問(9日付当地各紙)

    (1)バルザーニーKRG大統領は,8日に行われた「マ」首相のエルビル訪問の際の記者会見でクルド同盟は「如何なる首相候補も拒むものではない」と述べた(サバーハ紙)。

    (2)マフムード・オスマーン議員(クルド同盟)は,「マ」首相のクルド地域訪問は,次期首相に再選されるためにクルド同盟の票を得る目的で行われたと述べた(アダーラ紙)。

    (3)ジャラールッディーン・アル・サギール議員(INA)は,「マ」首相のエルビル訪問は,KRGと中央政府の関係を議論するために行われたと述べた。「サ」議員によれば,「マ」首相はINA(との関係)に絶望しており,今回の訪問は,(新たな連立の相手として)クルド同盟に対して働きかけを行う新たな試みとして行われたものであろう(アダーラ紙)。
  2. バイデン米副大統領と「バ」KRG大統領との電話会談(10日付アッタアーヒー紙)

    (1)9日,「バ」米副大統領は,「バ」KRG大統領に電話連絡をし,イラク政局の進展状況と早期の新政権発足に向けた協議を行った。

    (2)「バ」副大統領は,米国のイラク政局へのコミットメントを強調し,イラク国民の望みに適う政権の早期樹立を求めた。

    (3)「バ」KRG大統領は,クルド同盟は,真に挙国一致であり,憲法の規定を履行することが出来る政府の樹立のため実効的な役割を果たすことを強調した。
  3. クルド同盟と各政治ブロックとの公式交渉の開始(10日付アッタアーヒー紙)

    (1)9日,クルド同盟筋は,10日よりバグダッドにおいて各政治ブロックとの交渉が正式に開始されると述べた。

    (2)交渉相手には,「マ」首相,アッラーウィー元首相,アンマール・ハキームISCI党首といった各派の代表レベルが含まれる。交渉に際しては,クルド同盟側より20項目からなるワーク・ペーパーが提示される予定。
  4. 「バ」KRG大統領と当地英国大使との会談(10日付アッタアーヒー紙)

    (1)9日,「バ」KRG大統領は,ジョン・ジェンキンズ当地英国大使及びジャーミー・マッコーウィー在クルド地域英国総領事と会談した。

    (2)「バ」KRG大統領は,各政治ブロック間で広く国民的な内閣の組閣のための会談や討議が行われており,自分(「バ」)は,各派の歩み寄りのために努力していると述べた。「ジェ」英大使は,英国は,現行の新政府樹立に向けたプロセスを支持している旨表明した。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.10 AFP通信

【韓国・イラク経済関係】 韓国石油公社によるクルド地域の油田埋蔵確認

○8月10日付AFP通信の報道振り。

  1. 要旨

    ●韓国石油公社(KNOC)は,イラク北部クルド地域の2カ所(Bazian及びSangaw)において原油の埋蔵を発見した。同社の声明は埋蔵量を評価するのは時期尚早であるとしているが,報道によれば2カ所合計で20億バレルとみられる由。

    ●中央政府は同社によるクルド地域の油田開発に抗議しており,中央政府直轄の油田開発プロジェクトから同社を排除している。

    ●加のヘリテッジ・オイル社は,Bazianから3kmの場所で大規模な原油の埋蔵を既に発見している。
  2. 英文サマリー

    - S.Korean firm hits oil reserves in northern Iraq
    SEOUL, Aug 10, 2010 (AFP) - South Korea's state-run petroleum company said Tuesday it has discovered crude oil reserves in two blocks it is exploring in northern Iraq.
    The Maeil Business Newspaper said the reserves in the Bazian and Sangaw North blocks in the Kurdistan autonomous region are estimated to total two billion barrels.
    But the Korea National Oil Corp (KNOC) said in a statement it was too early to estimate the size of the reserves. It said a formal announcement of the discovery would be made only after consultation with local authorities.
    The Bazian block, in which a KNOC-led South Korean consortium has a 100 percent stake, holds an estimated 1.27 billion barrels, the newspaper said, quoting sources at KNOC and the Ministry of Knowledge Economy.
     Sangaw North, in which KNOC has a 20 percent stake, is believed to have 790 million barrels, it said. Under a production-sharing contract with Kurdistan, South Korea would have some 410 million barrels, it added.
    KNOC won exploration and development rights to the two fields in 2007 and started exploration in October. Canada's Heritage Oil has already discovered a large crude reserve just three kilometres from Bazian, Yonhap news agency said.
    The Iraqi central government has lodged a protest over KNOC's development of oilfields in Kurdistan and excluded it from its own oil development projects.
    Iraq's officially confirmed oil reserves are the world's fourth largest at about 115 billion barrels, according to the CIA World Factbook.

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.09-10 現地各紙

【内政】 新政権樹立に向けたクルド勢力を巡る動向

9日及び10日付当地各紙は新政権樹立に向けたクルド勢力を巡る動向を報じているところ,要旨とりまとめて以下のとおり。

  1. マーリキー首相のエルビル訪問(9日付当地各紙)

    (1)バルザーニーKRG大統領は,8日に行われた「マ」首相のエルビル訪問の際の記者会見でクルド同盟は「如何なる首相候補も拒むものではない」と述べた(サバーハ紙)。

    (2)マフムード・オスマーン議員(クルド同盟)は,「マ」首相のクルド地域訪問は,次期首相に再選されるためにクルド同盟の票を得る目的で行われたと述べた(アダーラ紙)。

    (3)ジャラールッディーン・アル・サギール議員(INA)は,「マ」首相のエルビル訪問は,KRGと中央政府の関係を議論するために行われたと述べた。「サ」議員によれば,「マ」首相はINA(との関係)に絶望しており,今回の訪問は,(新たな連立の相手として)クルド同盟に対して働きかけを行う新たな試みとして行われたものであろう(アダーラ紙)。
  2. バイデン米副大統領と「バ」KRG大統領との電話会談(10日付アッタアーヒー紙)

    (1)9日,「バ」米副大統領は,「バ」KRG大統領に電話連絡をし,イラク政局の進展状況と早期の新政権発足に向けた協議を行った。

    (2)「バ」副大統領は,米国のイラク政局へのコミットメントを強調し,イラク国民の望みに適う政権の早期樹立を求めた。

    (3)「バ」KRG大統領は,クルド同盟は,真に挙国一致であり,憲法の規定を履行することが出来る政府の樹立のため実効的な役割を果たすことを強調した。
  3. クルド同盟と各政治ブロックとの公式交渉の開始(10日付アッタアーヒー紙)

    (1)9日,クルド同盟筋は,10日よりバグダッドにおいて各政治ブロックとの交渉が正式に開始されると述べた。

    (2)交渉相手には,「マ」首相,アッラーウィー元首相,アンマール・ハキームISCI党首といった各派の代表レベルが含まれる。交渉に際しては,クルド同盟側より20項目からなるワーク・ペーパーが提示される予定。
  4. 「バ」KRG大統領と当地英国大使との会談(10日付アッタアーヒー紙)

    (1)9日,「バ」KRG大統領は,ジョン・ジェンキンズ当地英国大使及びジャーミー・マッコーウィー在クルド地域英国総領事と会談した。

    (2)「バ」KRG大統領は,各政治ブロック間で広く国民的な内閣の組閣のための会談や討議が行われており,自分(「バ」)は,各派の歩み寄りのために努力していると述べた。「ジェ」英大使は,英国は,現行の新政府樹立に向けたプロセスを支持している旨表明した。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.09 現地アッタアーヒー紙

【イラク独経済関係】 コール・アル・ズベイル港の埠頭の共同操業に関するイラク港湾公社と独企業との契約

8月9日付アッタアーヒー紙報道振り。

  1. 要旨

    ●イラク港湾公社は独Marlok社とともに,コール・アル・ズベイル港の第8埠頭の共同操業を行うための契約に署名した。

    ●同埠頭は同社への引き渡し後9ヶ月以内に修復等が行われ,それが完了した時点から7年間にわたり,同社が同埠頭の操業等を行うこととされている。

    ●同社は到着する船舶の停泊で優先権を得る一方,同埠頭に対して必要な設備及び機器を提供する義務を負う。また,同社は同港のイラク人職員に研修を実施する予定。
    (注:5日にも独企業が同港第7埠頭の操業契約に署名している)
  2. 英文サマリー

    -The Iraqi Ports Company signs a joint-operating contract with the German Marlok Company
    The Iraqi Ports Company of the Ministry of Transportation signed on Thursday (August 5) a joint-operating contract for Khor al-Zubair Port with the German Marlok Company. The Director General of the Ports Company Captain Salah K. Abbud signed the contract with the authorized Director of Marlok Mr. Frederick De Breter at the meeting-hall of the Ports Company. The contract stipulates that the second party (Marlok Company) administrates and operates wharf No. 8 in Khor al-Zubair Port which is specified for transferring goods and containers, for 7 years starting from the date of completing the rehabilitating and equipping operations for the wharf within 9 months after receiving the wharf.
    The second party will be given priority to moor the arriving ships at this wharf to its account and to except them from waiting according to the terms of the contract. It also stipulates that Marlok must commit to supply the wharf with the required equipment and machinery.
     Mr. Abbud said in his speech during the signing ceremony that Marlok was the first foreign company to work in Khor al-Zubair in form of joint-operating contract. He indicated that the Company would train the Iraqi port staff in and outside Iraq. (Attaakhi, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.09 現地バグダッド紙

【日イラク経済関係】 INPEXとディカール県知事の会談

8月9日付バグダッド紙報道振り。

  1. 要旨

    ● ディカール県知事はINPEXと会談し,ナーシリーヤ油田の開発について議論した。

    ● 同知事は,油田開発を加速化するための便宜供与や好意的な環境の創出の用意があるとしつつ,日本企業の進出への期待を表明した。

    ● 同知事は,INPEXからの招待を受けて,石油分野の専門家からなるミッションを日本へ派遣することを明らかにした。 
  2. 英文サマリー

    ・Dhi Qar Governor discusses al-Nassiriya Oilfield development with the Japanese INPEX Company

    Governor of Dhi-Qar Talib Al Hasan met a delegation of representative of
    Japanese INPEX competent to the development and exploration of oil fields and
    discussed with the delegation the possibility of the company to develop the
    fields in Nassiriya and work to explore other fields. Al Hasan in a statement to Iraq Beituna Agency said that the company provided detail plans for its work in
    developing the field of Nassiriya. According the governor statement following
    the meeting with Al Sabah Iraqi Company, an oil service and consulting firm,
    INPEX is considered as one of the largest Japanese companies competent to
    develop and explore oil fields.
    Al Hasan said that the company had numerous meetings with the south oil
    company to discuss the possibility to develop the field of Nassiriya and find
    the correct equations between the company and the Ministry of Oil and South Oil
    Company to begin working, pointing out that the local government is ready to
    provide all the facilities and create a favorable climate to accelerate the
    development of the field. Al Hasan said that the governorate wished for Japanese companies to enter the governorate, and that these companies had expertise,
    experience and urged the company to quickly complete the initial studies to
    reduce the time and to begin the implementation of the project which would
    develop the economy of the governorate and then all Iraqi economy.
    Al Hasan mentioned that the governorate would soon form a delegation of the
    engineers and specialists in the field of oil to visit the company's
    headquarter in Japan upon the invitation of the company. The representative of
    INPEX Company said that the amount of actual production in the Nassiriya field
    would be from 300 - 500 thousand barrels per day within seven years. He added
    that one of the reasons that had led to the failure of an agreement with
    Ministry of Oil to develop the field in the previous licensing round was in a
    complex financing plan for the company in addition to the development mechanism
    which was mentioned in the contract, adding that the company would seek to work
    within the controls set by the Ministry of Oil and work to correct the mistakes
    that happened in the past, especially since the company plans for long term in
    this vital field. (Baghdad, P3)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.09 現地サバーハ紙

【石油事情】 南部精製公社による増産計画

8月9日付当地サバーハ紙報道振り。

  1. 1 要旨

    ●南部精製公社は,石油製品日産量を日量70万バレルまで増産することを計画している。

    ●同社は,ディカール県及びミーサーン県において大規模な製油所を建設するため,外国のコンサルタント15企業と契約書に署名した。

    ●同社は,ディカール県の製油所を建設するための契約書に外国企業と署名する予定。同製油所は日量最大30万バレル,投資額は110億ドルになる見通し。

    ●ミーサーン県の製油所は日量最大15万バレル,投資額は60〜70億ドルになる見通し。
  2. 当館作成英文サマリー

    -South Refineries Company plans for increasing production up to 700,000 b. p. d.
    South Refineries Company unveiled a plan to increase its production capacity to 700 thousand barrels per day to become the largest refinery company in the Middle East. The company also announced the signing of contract with foreign consulting firms to set up two large refineries in Dhi-Qar and Maysan.
    Director of the company Abed Al Husain Nasir said in statement that he signed 15 contracts with foreign consulting firms winning the round of licensing contracts for the preparation of investment and engineering plans for the establishment of two refineries in Dhi-Qar and Maysan.
    He pointed out that in the coming period the contract would be signed to build refinery in Dhi-Qar, one of the largest in the Middle East with capacity of up to 300 thousand barrels per day. Its investment cost will be 11 billion dollars.
    He also announced the signing of contract with companies winning licensing for the establishment of a round of Maysan refinery with capacity of 150 thousand barrels per day. The investment cost is between 6-7 billion dollars. He said the company will design 15 Units to maximize production of oil derivatives.
    The contracts were signed in the UK last month (July) attended by Deputy Minister of Oil Ahmad Al Shama'a. (Al-Sabah, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.07-08 AFP電及びサバーハ紙

【内政】 アル・シャルク社による世論調査の結果

7日付当地発AFP電及び8日付サバーハ紙は,イラクの民間調査会社アル・シャルク社が行ったイラク内政に関する世論調査の結果を報じているところ,概要以下のとおり。

  1. 実施形態

    同世論調査は,本年6月にイラク全県12,000人の18才以上の男女を対象に実施。
  2. 組閣遅延の原因

    (1)組閣遅延の原因は何かとの問いに対し,38.3%が権力闘争を,19%が近隣国の介入を,17.5%が民主主義実行における失敗を挙げた。

    (2)新政権樹立遅延の背後にある外国の圧力はどこから来るのかとの問いに対し,41.2%がイラン,31.5%が米国,11.5%が湾岸諸国(うち,8.9%がサウジアラビア)と回答した。
  3. 3 主要ポストの適任者

    (1)首相として誰が適任かとの問いに対しては,35.5%がマーリキー首相,22.5%がアッラーウィー元首相,15.8%がアブドゥルマハディ副大統領と回答した。誰が次の首相になるかとの問いに対しては,43%が「マ」首相,25.6%が「ア」元首相,10.6%が「ア」副大統領と回答した。

    (2)次の大統領に関しては,47.1%がタラバーニ大統領を適任と回答した。

    (3)国会議長に関しては,20.2%がハーシミー副大統領,11.5%がサーマッラーイー元国会議長,それぞれ7%が「ア」副大統領とジャアファリ元首相が適任と回答した。

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.05 現地アダーラ紙及びサバーハ紙

【復興支援】 キャパビル等に関するイラク・EU間の合意

8月5日付当地アダーラ紙及びサバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●4日,イラクは,EUが教育,ガバナンス,人権の各分野のキャパビル等のため4,200万ユーロを拠出する旨のEUとの合意に署名した。

    ●EUは,2011年にイラク国内の研修に関する1年間の合意に,2012年には経済,水及び農業の各分野の発展を目的とした3年間の戦略合意に署名する見通し。
  2. 英文サマリー

    ・Iraq signs a cooperation agreement with the European Union on capacity development.
    Iraq signed with the EU yesterday (August 4) an agreement which is worth 42 million EURO as a grant to fund the capacity development in the sectors of education, administration and human rights. The Representative of the EU said that Europe will sign a strategic agreement with Iraq in 2012 for three years to develop the sectors of economy, water and agriculture.
     The Deputy Minister of Planning Mehdi al-Allaq said to“ Al-Sumariya News” on the sidelines of the signing ceremony, which was held in the Council of Ministers, that“ the EU will support three sectors which it has chosen for the purpose of development within the grant; namely, education, human rights and governmental institutions management". The training courses will be organized by the EU in and outside Iraq to develop the Iraqi staffs, and the security circumstances will be taken into consideration.
    The Director of the Development Cooperation Department in the EU Mission to Iraq Jobst von Kirkhman asserted that the grant focuses on developing the education sector of the elementary stage in specific, and that about 3,000 elementary schools will be provided with all kinds of equipments, as well as training their staff.
    The Chief Advisor to the Council of Ministers Thamir Ghadban mentioned in a press statement that the signed agreement aims at funding the programs of capacity and institutional development, as well as developing the IHEC and the Independent High Commission for Human Rights.
    It is expected that the EU will also sign an agreement with Iraq in 2011 for one year on training courses in Iraq. (Al-adala, P3),(Al-Sabah, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.05 現地アッザマーン紙

【イラク・ロシア経済関係】 ロシア企業の発電所改修工事の完工遅延

8月5日付アッザマーン紙報道振り。

  1. 要旨

    ●ディ・カール県評議会は,6月30日が期限であるロシア企業によるナーシリーヤ発電所改修工事の完了が遅れている旨表明した。
  2. 英文サマリー

    ・The Russian companies delayed in the rehabilitation of power station in Dhi Qar
    The Governorate Council of Dhi Qar stated that the Russian companies which contracted to rehabilitate power stations in al-Nassiriya City, delayed in implementation.
    The Head of the Energy Committee in the Council Mr. Hussain H.al-Awad said that the Ministry of Electricity concluded contracts with a Russian Company to rehabilitate and maintain the 4th Unit of the power station of al-Nassiriya City. The deadline to complete the terms of the contract was expected in June 30th, yet the Company has not finished the work, nor did it maintain the 4th Unit to generate 180 MW.
    He explained that the Council formed a committee to consider and investigate the issue before taking a decision. (Azzaman, P2)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.04 現地各紙

【内政】 新政権樹立への動き

8月4日付当地各紙が新政権樹立に向けた各派の動きを報じているところ,要旨以下のとおり。

  1. 米の働きかけ

    (1)バルザーニーKRG大統領は,エルビルにて,トニー・ブリンケン米バイデン副大統領顧問(国家安全保障)を含む米ホワイトハウス代表団の訪問を受けた。「バ」大統領及び米代表団は,現在のイラク政治情勢及び新政権樹立にかかる障壁等につき議論し,一刻も早くイラクのすべての勢力の参加を得た政治合意がなされることは重要であると確認した。(当地サバーハ紙)

    (2)複数の筋によれば,米代表団が各政党間において主要ポストを4等分するよう提言した。首相ポストにマーリキー氏,大統領ポストにアッラーウィー氏,国家安全保障政治委員会(PCNS:Political Council of National Security)委員長にタラバーニー氏,国会議長にクルド勢力の議員が,それぞれ就くものである。同筋はまた,クルド勢力とイラーキーヤはこの提案を拒否したことを明らかにした。イラーキーヤは,マーリキーが首相ポストに就くことは,民主主義の名の下での独裁を強化することであり,全政党が受け入れないと述べた。(当地ザマーン紙)
  2. イラク政治家の動き

    (1)サドル派の発表によれば,カラール・アル・ハファージー・サドル派政治局長は,ハミード・アル・ムアッラ及びアブ・ジハード・アル・ハーシミー両氏をはじめとするISCIの要人と,NAと他の政治ブロックが連立を組む場合のオプションにつき協議した。サドル派政治局は声明において,会談では現在の政治危機から抜け出すための実効的手段につき話し合ったと述べた。(当地サバーハ紙)

    (2)シェイク・フセイン・アル・アサーディ議員(SLA)によれば,SLAにとって現状における唯一の選択は,イラーキーヤとの交渉を続けつつ,INAとの新たな交渉先を見つけることである。国民同盟(NA)は将来のビジョン及び共有された歴史に基づいた戦略的同盟を象徴するものであり,パートナーシップ政権はこの同盟の存続なしには成立し得ない。(当地サバーハ紙)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.04 現地サバーハ紙

【経済事情】 サマーワ製油所の歳入

8月4日付サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●本年1月〜5月におけるサマーワ製油所の歳入は30億ID(イラク・ディナール)に達した。
  2. 英文サマリー

    - Al-Samawa Refinery revenues hit 3 billion ID
    The Chairman of al-Muthanna Governorate Council Dr. Abdul-Lateef al-Hassani said yesterday that the revenues of crude refining in al-Samawa Refinery hit 3 billion ID for the first 5 months of 2010. Al-Hassani said that a rate of $1 per barrel from the revenues would be added to the Governorate’ s budget in accordance with the decisions of the Parliament and the regulations of the Ministry of Finance concerning the oil productive and refining governorates. He added that al-Muthanna Governorate refines about 25 - 30 thousand BPD. (Al-Sabah, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.03 現地マシュリク紙

【イラク・韓国経済関係】 韓国企業の発電所建設工事受注

8月3日付マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●韓国のSTX重工は,石油省傘下の北部精製公社と85MWの発電所建設契約を締結したと発表した。
  2. 英文サマリー

    ・The South Korean STX won a deal on electric power station.
    South Koran's STX Heavy Industries announced that it won a deal worth 150 billion won (127million dollars) from North Refinery Company to build a power plant in Iraq.
    South Korean News agency “ Yon Hap” said that under the agreement with the NRC, STX Heavy Industries would build a power plant with capacity of 85 MW in Iraq.(Al-Mashriq,P5).

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.03 現地サバーハ紙

【石油事情】 石油省によるガス田開発契約の条件緩和

8月3日付サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●石油省は,国際石油企業の入札参加を促すため,第3次ガス田開発に関する契約条件を緩和する旨述べた。

    ●新しい条件では,第1次及び第2次入札では契約条件であったサインボーナスの支払いを不要とした。

    ●また,ガス田より生産されたガスの50%をイラク国外へ輸出可能とした。
  2. 英文サマリー

    ・Ministry of Oil relaxed conditions of the contracts to develop natural gas
    fields
    Ministry of Oil started to relax terms of the contract for the third Iicensing bid round for the natural gas fields in order to attract more international companies to bid.
    According to the new conditions in the Ministry of Oil official statement at the workshop which took place over two days in Istanbul,Turkey, the winning companies will not have to pay sign bonuses to develop three gas fields.
    Wall Street newspaper mentioned that global companies had paid sign bonuses from 100 to 500 million dollars in the previous two rounds of licenses.
    The newspaper quoted an official in one of the international oil companies as saying that Iraq has postponed the date of the tender for one month, October 1.
    The newspaper said Iraqi Oil Minister Husain Al Shahristani had said that one of the things that would encourage companies interested in this tender was to allow them to export 50% of natural gas produced in the fields that these companies operate while the Iraqi government will take the remaining percentage. But some companies regard the requirement to export as a negative thing, because Iraq does not have the appropriate infrastructures to export gas from these fields (Assabah, P1).

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.02 現地マシュリク紙

【経済事情】 バグダッドにおけるイラン系銀行の設立

8月2日付当地マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●イラク中央銀行(CBI)は,当地イラン大使館の要請を受けてバグダッドにおけるイラン系銀行2行の設立に同意した。
  2. 英文サマリー

    - CBI agrees on establishing 2 Iranian banks in Baghdad
    The FNA (Fars News Agency) stated that the CBI agreed on establishing 2 Iranian banks in Baghdad according to the request of the Embassy of Iran.
    The Economic Expert in the Iranian Embassy Ali Haydari asserted that the legal procedures required for opening the 2 banks are completed. He expressed his wishes that the two (Persian Bank and Kar Afarin Bank) would start work soon, and indicated that it needs one month to choose the locations to establish the Banks’ Branches and transfer the money.(Al-Mashriq, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.02 現地サバーハ紙

【石油事情】 油田開発用機器納入のためのクウェート国境開通検討

8月2日付サバーハ紙報道振り。

  1. 1 要旨

    ●イラク政府は,石油省の要請に応じ多国籍軍が使用しているクウェートへの通過ポイントを,油田開発に係る機器納入のために通行可能とすることを検討。

    ●イラク港湾公社は,ウンム・カスル港を初めとするイラクの港湾が十分な重量の輸送を受ける能力があり,且つ円借款等により同能力は向上される旨指摘しつつ,本件通行が可能になれば国内経済に悪影響が生じる旨警告。
  2. 2 英文サマリー

    ・A suggestion to open an outlet into Kuwait to transfer the equipment of the international oil companies, stirs worries of experts
    The Government considers a request presented by the Ministry of Oil to the Ministry of Interior to open a border outlet with Kuwait for transferring the equipment of the international companies which won contracts of oilfields’ development.
    A well-informed source revealed that the Prime Minister Nouri al-Maliki ordered the concerned authorities to consider the request, with expectations of refusing the request being against the Iraq's lands sovereignty, regarding that Iraq is making preparations for undertaking the control on the border outlets used by the Coalition Forces for the funding and movement purposes inside and outside Iraq.
    The source indicated that the request includes opening an outlet in al-Rumaila area (where the oilfields of which the BP and CNPC Companies won development contracts is located). The request was considered by specialists of 11 Ministries in an (unspecified)meeting.
    It is worth mentioning that a delegation of the Dutch Sell,the Russian Lukoil, as well as the Chinese and Malaysian Companies has announced lately its approval to utilize Um-Qasr Port as an outlet to import and freight the Companies'oil-ware equipment, after several visits were paid by experts to see the Port's status and its import capacity.
    On a related matter, the Iraqi Ports Company asserted that it is able to handle freight operations more than it needs for the transferring the Companies'equipment.
    It warned that in case the request of the Ministry of Oil is accepted, the national economy will be greatly damaged over the upcoming 20 years. A source in the Ports Company pointed out that the Iraqi Ports, especially Um Qasr, were capable of implementing freight operations for weights about 150 - 200 tons, whereas the maximum total weight for the equipment of the licensing companies rounds is 60 tons according to the weight tables of the Ports Company. He said that additional operations are being implemented to improve the Port’ s capacity, such as providing giant cranes by means of the Japanese Loan, and tug-boats as well.
    Well-informed sources stated that opening a special outlet for the oil companies exempt them from paying the fees, and deprive the Iraqis from getting jobs unlike what it has been agreed on in the licensing rounds'contracts that the companies are committed to employ 80 % of the Iraqi manpower. In addition, opening the border outlet gives these companies independence away from the Iraq’ s authority in transportation to and from Iraq. (Al-Sabah, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.02 現地マシュリク紙

【米・イラク経済関係】 ワシート県投資委員会と米企業による投資事業に関する覚書の署名

8月2日付マシュリク紙報道振り。

  1. 要旨

    ●米企業はワシート県投資委員会とともに,リサイクル施設,ホテル,市中心部における商業施設,低価格住居の建設を含む投資事業の実施に関する3通の覚書に署名した。
  2. 英文サマリー

    - An American Company to implement investment projects in Wasit
    The Chief of the Wasit Investment Commission Sadiq Huwaidi said that the Commission signed 3 memorandums of understanding with the U.S. "Each-Land” Company concerning the execution of investment projects in the service sectors. Huwaidi explained that the project included building a recycling plant and a 4-star hotel as well as commercial compounds in the city centre and low-cost housing compounds.
    The implementation of these projects helps improving the local economy and decreases unemployment as well as activating trade and tourism.
    The Representative of the Company Khalid al-Azzawi said that the Company intended to execute the projects on which they agreed on. (Al-Mashriq, P5)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.01 現地サバーハ紙

【石油事情】 ガス田開発に関するワークショップ開催

8月1日付サバーハ紙報道振り。

  1. 要旨

    ●8月1日及び2日,イスタンブールにて,ガス田開発入札に関する技術ワークショップが開催される。
  2. 英文サマリー

    ・Ministry of Oil holds a workshop for the competing companies over the gas fields
    The Ministry of Oil holds in Istanbul, Turkey today (August 1) a technical workshop for the competing companies over the development of the gas fields in the third licensing round.
    The Official Spokesmen Mr.Aasim Jihad said that the workshop was considered as the second step after the specialized 45 global companies were invited according to the international standards.
    The workshop is intended to provide answers for all the inquiries and questions from the representatives of the companies, and it lasts for two days.
    The next stage will be selling the data packages for the companies which desire to participate, and then the date of receiving the bids and tenders of the companies will be specified in Baghdad similar to that in the previous two licensing rounds.
    Mr.Jihad indicated that the third licensing round would include the gas fields of Akkaz to the west of Iraq (near the Iraqi-Syrian borders), al-Mansouriya in Diyala and al-Siba in Basra (near the Iraqi-Kuwaiti-Iranian borders).
    He also indicated that Iraq would invest the mentioned gas fields and the associated gas of the oilfields. Accordingly, the Basra Gas Company is established in cooperation with the Dutch Shell Company and the Japanese Mitsubishi Company to invest about 700 million standard cubic feet per day of gas from Basra. (Al-Sabah, P1)

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top

10.08.01 AFP通信

【治安情勢】 7月のテロ等によるイラク人死傷者数

7月中のイラク国内でのテロ被害者統計係るAFP電をとりまとめ,次のとおり。なお,米軍当局は,通常イラク側発表を黙認しているが,今回については「2008年5月以来最多の死者数」は誤りであるとの声明を出している。

  1. 7月31日付イラク当局発表(7月31日付AFP電)

    (1)死傷者数 535名 
     内訳:民間人396名,警察官89名,イラク軍兵士50名
      6月の死者数(284名)と比較して急増。昨年同月の死者数(275名)と比較して約2倍。2008年5月(563名が死亡)以来,単月としては最多の死者数。

    (2)負傷者数 1043名 
     内訳:民間人(680名),警察官(198名),イラク人兵士(165名)

    (3)反政府勢力の死者及び逮捕者
     100名が殺害され,955名が逮捕された。
  2. 8月1日付米軍当局発表(同日付AFP電)

    (1)死傷者数 222名

    (2)負傷者数 782名

本ページ内容の引用・転記はお断りいたします。
また、内容の詳細については文中記載の原典をご参照ください。

to Top